モハバット臨時代理大使は石兼公博総合外交政策局長主催の夕食会に参加されました

japan_mofa_logo_800x287

2017年6月6日: 駐日アフガニスタン大使館のバシール・モハバット臨時代理大使は芝パークホテルの花山椒で開かれた石兼公博総合外交政策局長主催の夕食会に出席されました。

この夕食会は南山大学法律学科教授の洪恵子氏を人種差別撤廃委員会に紹介する目的で開かれました。

この夕食会には他にもイシケリ・マタイトガ駐日フィジー大使、ソドブジャムツ・フレルバータル駐日モンゴル大使、フィロメノ・アレイクソ・ダ・クルーズ駐日東ティモール大使、そしてモハメド・フセイン・シャリーフ駐日モルディブ大使が出席されました。

モハバット臨時代理大使は石兼局長が夕食会に招待してくれたご厚意に感謝を示し、長年に渡る日本のアフガニスタンへの支援に改めて感謝しました。また、石兼局長も臨時代理大使に来てくれた事への感謝を示しました。