アブドゥラ・アブドゥラ行政長官閣下

Chief Executive Officer 2

アブドゥラ・アブドゥラ氏はアフガニスタン・イスラム共和国の行政長官(Chief Executive Officer)です。2014年9月29日に就任しました。1960年にカブールで生まれました。父のグラム・マーヨッディン・ズマルヤライ氏は、国父であるモハマド・ザーヒル・シャー国王政権下で上院議員を務めていました。

アブドゥラ氏はガジ・モハマド・アユブ・ハーン小学校、1976年にカブールのナデイラ高校を卒業しました。その後、カブール大学医学部で眼科学を専攻し、1983年に博士号を取得しました。

博士号取得後、医学博士としてカブールのヌール眼科医院などで勤務しました。1984年にはアフガニスタン難民治療のためパキスタンへ渡り、ペシャワールにあるサイード・ジャマルディン・アフガン眼科医院等で治療を行いました。1985年~1992年には故アハマド・シャー・マスード司令官の補佐として従事しました。

1992年~1996年、アブドゥラ氏は政府首席補佐官兼国防省報道官として任に就き、1997年外務副大臣に就任しました。1999年~2001年、外務大臣代理。タリバン敗走時から2005年4月まで、アフガニスタン・イスラム共和国外務大臣を務めました。アブドゥラ氏は既婚で、3人の娘と1人の息子がいます。ダリ語、パシュトゥ語、英語に堪能で、さらにアラビア語とフランス語も話します。