English | 日本語

3千億ドルの価値がある鉱山を発見

カブール発、7月12日(Xinhua):Ibrahim Adil鉱業大臣は、鉱業省が中央高原地帯で総額3千億ドルの価値がある複数の鉱山を発見したと語った。

Daily Outlook紙によれば、Adil大臣は最近同地帯の諸州を訪問したところだが、バーミヤン州のYakawlang地区で発見された石炭鉱床は2億トンを上回る埋蔵量の可能性があると語った。

同じ地区で発見された鉄鉱石の鉱山は、10億トンの鉄鉱石埋蔵量持っている可能性があると大臣は語った。

鉱業省の当局者によれば、これらの地下資源すべての採鉱は、将来民間部門にリースされるであろう。

ロガール州にある最大の銅鉱山は、すでに数ヶ月前China Metallurgical Group Corp.にリースされた。

一方、土曜日に外務省から発表されたプレスリリースによれば、公共事業大臣Dr.Sohrab Ali Saffaryとイタリアの駐アフガニスタン大使Ettore Francesco Sequiが、Maidan Shar-Bamyan道路の第2セクションの復興のための合意書に本日署名する。

ワルダック州を経由してカブールをバーミヤン州と結ぶこの136キロメートルの道路の工事は、2006年にイタリアからの1億5千1百万ドルの資金援助により開始され、今後3年間で完成する予定である。